タイトル_先輩からのメッセージ
キービジュアル_先輩からのメッセージ
メッセージコピー
ボックス背景上
  • がん専門看護師
    林 ゑり子
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師
    芦澤 紀実枝
  • がん化学療法看護認定看護師
    三橋 由貴
  • 手術室 看護師
    上地 政成
  • 3階病棟 看護師
    石塚 春稀
  • 4階病棟 看護師
    西山 温子
ボックス背景下
林ゑり子顔写真 林ゑり子名前

Q 現在の仕事について
A がんは、「診断期」「治療期」「再発期」「終末期」など、個々
  によって様々な時期があります。また、がん医療は、高度化し、
  看護に関しても専門的知識や技術が要求されるようになってきて
  います。がん医療に関わる患者さんや家族の方々が、安心して治療
  やケアが受けられるように、がん看護専門看護師の役割として、
  看護実践、医療者からの相談、チーム医療の中で他職種と協働を
  目指した調整活動、倫理調整、教育、研究活動の6つの役割を
  果たす必要があります。
  当院において私は、病棟・外来などという部署に配置されるのでは
  なく、病院内を横断的に活動できるようなポジションで活動して
  います。特に、化学療法・緩和ケアを受ける患者様を対象とした
  身体的・精神的・社会的苦痛からのコンサルテーションや、がん
  医療に関する院内・院外の教育活動を行うことでより質の高い看護
  の提供を目指しています。
  最近では、地域包括ケアシステムの構築に向けて、近隣の訪問看護
  ステーション、居宅介護事業所、在宅療養支援診療所などの地域の
  医療・介護・福祉に携わる方々との連携を図るよう、外来通院、
  在宅緩和ケア、専門的緩和ケアとしての緩和ケア病棟にシームレス
  な関わりを支援するよう、緩和ケアチームとして連携の窓口に
  なったり、緩和ケア研修会など交流できる場を調整したりして
  います。その他、一般市民への緩和ケア啓発活動として市民公開
  講座や相談できる人材資源としてご活用頂いております。

Q やりがいや夢について
A 専門看護師は、教育・研究活動を行う役割があります。教育は、
  7つの柱で、活動しています。1)看護師対象、2)院内全体、
  3)職種関係なく臨床実践者、4)近隣の医療従事者、
  5)一般市民、6)認定・専門看護師教育、7)がん関連の各学会
  や協会、各々に効果的な啓発、教育について日々考え悩むことが
  あります。しかし、そのような悩みも一緒に学ぶ仲間から、
  「患者様に役立ったよ」「患者様が緩和されたよ」とか
  「知ってよかった」など、お役に立てたと感じた時、他者から
  喜ばれた時こそが私の幸せだと感じます。
  さらに、臨床研究活動について、現場で行われている良いケアや
  看護の有効性を証明することは、難しいです。いろいろなことで、
  それを証明できる人も限られているような気もしています。
  臨床現場のケアや看護の有効性を証明するには、知識と労力、能力
  も伴いますが、これまでの教育課程の中で培われてきた知識や知恵
  を財産に、もうしばらくはチャレンジしていきたいと思います。
  いつの日か有効性が証明できると信じ、その日に向かっていく、
  そのようなチャレンジ魂は、目標となり、やりがいにも夢にも
  なると信じております。

芦澤紀実枝顔写真 芦澤紀実枝名前

Q 現在の仕事について
A 外来業務のほかに、週2回活動日を頂き組織横断的に活動して
  います。
  皮膚・排泄ケア認定看護師の仕事は創傷・オストミー・
  コンチネンス3つの分野で成り立っていますが、一回の訪問で
  解決するケースは少なく、継続したケアが重要になってくる分野
  でもあります。そのため、患者様へ対して直接ケアにあたるだけで
  なく、スタッフや施設職員や訪問看護師などとの連携を大切にケア
  にあたっています。

Q どんなところにやりがいを感じるか?
A 卒後8年目でもっと専門分野を勉強したいと思い認定看護師資格を
  取得し、昨年度は創傷分野の特定行為研修を受講しました。
  日々の業務の他に認定看護師活動を行うにはさまざまな面において
  自己管理が重要となり、大変だと思うことも多々ありますが創傷が
  治ったときになど患者様と一緒に喜びを共感できたときなどは
  看護師としてのやりがいを感じます。

Q 看護師として「こうなりたい」というビジョン
A 超高齢社会を迎え看護を取り巻く環境は日々変化していますが、
  看護師だから出来る事がまだまだあるはずと思って向上心を常に
  もち、患者様や家族に近い位置でいられるような看護師でいたいと
  思っています。

三橋由貴顔写真 三橋由貴名前

Q 現在の仕事について
A がん化学療法看護認定看護師として外来化学療法室で勤務して
  います。患者さんが癌と向き合い、抗がん剤による辛い副作用と
  うまく付き合いながら予定された治療を終えること(完遂)
  できるように支援しています。
  認定看護医師の活動では、スタッフからがん化学療法看護に関する
  相談を受け、問題解決に向けて一緒に考えています。またがん専門
  看護師とともにがん看護に関する研修会「がん看護ラダー研修」を
  実施し、スタッフひとりひとりが質の高いがん看護が実施できる
  ようにサポートしています。

Q 印象に残っているエピソードは?
A 肺癌で外来化学療法を受けていたAさんが、骨転移による痛みで
  歩行が困難となり入院しました。ご本人は早く退院して化学療法を
  続けたい思いがあったのでリハビリを導入して筋力低下を防ぎ、
  栄養バランスを整えるために栄養士が介入しました。痛みの
  コントロールには緩和ケアチームが介入し、自宅の療養環境を
  整える為にはMSWが動いていました。
  病棟へ訪問した際Aさんは次のように話されました。
  「ここでは色んな人が動いてくれるから私は何も心配しないで
  お任せしておけばいいのね。こんな安心できる病院なんてないわ、
  ここに来て本当に良かった。退院したらまた化学療法室に行くから
  お願いね。」
  当院でのチーム医療が発揮され、患者さんの安心に繋がっていると
  感じとても嬉しく思いました。私もチームの一員として治療の場を
  しっかり支えようと改めて感じたエピソードです。

Q どんなところにやりがいを感じるか?/大事にしていることは?
A 外来化学療法室では可能な限り、患者さんの話をゆっくり聞くこと
  を大切にしています。それは治療や病気のことだけではなく、世間
  話のような他愛もない話でも同じです。ある患者さんは夫を数年前
  に癌で亡くしました。子どもはいないので今は一人暮らしをして
  います。抗がん剤治療の時はずっと、最近の出来事や、夫を
  看取った時の話など終始おしゃべりをされている方でした。
  ある日、治療が終わって帰る時「いつもたくさん聞いてくれて
  ありがとう。ここに来るといっぱいしゃべってスッキリして元気
  をもらって帰ることができるの。だから看護師さんに話を聞いて
  もらうのはお薬と一緒ね」と話して下さいました。
  看護師は患者さんの一番近い存在で、気持ちに寄り添いながら話を
  聞くだけでも患者さんの安心感につながっているのだと実感しま
  した。これは看護師が得意とするスキルだと思ってこれからも
  続けていきたいと思っています。

上地政成顔写真 上地政成名前

Q 現在の仕事について
A 手術室看護師です。手術室の看護には機械出し看護と、外回り
  看護の2つの役割があり、外科・整形外科・泌尿器科・眼科・
  形成外科の様々な手術の担当をしています。

Q どんなところにやりがいを感じるか?
A 手術室看護師は、安心安全な手術が行われるように、麻酔科
  医師・当該科医師との連携が重要な役割の1つです。実際に
  行った事例としては、内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術を受ける
  ストーマ患者様に、術前日に手術室で手術時にとる腹臥位に
  なっていただき、手術に支障なく、かつ、ストーマが正常に機能
  できるよう当該科医師と共に調整を行うなど、個別性に合わせた
  看護実践に向けて努力しています。
  このように、手術チームのコーディネーターとして働けること
  が、私のやりがいに繋がっています!!

Q 心掛けていることは?
A 手術を受ける患者様やご家族の方誰でも不安だと思います。
  私達、手術看護師は、術前の患者様やご家族様にお会いする時間
  はとても限られています。そのため、術前の関わりはできる限り
  患者様の不安に寄り添い、術前の不安の解消に努めています。
  またご家族様の不安にも寄り添えるようにしています。
  術中の患者様の多くは、全身麻酔にて苦痛の表現ができません。
  そのため、神経障害や皮膚統合性障害などの様々な合併症の予防
  に努め、患者様の見えない声に耳を傾けるよう心がけています。

Q へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?
A 私は、2児の子育て真最中なのですが、家に帰った際の子供たちの
  笑い声に癒されています。緊急手術が入った際に、帰る時間が遅く
  なってしまうことも多々あるのですが、休日に子供たちと公園で
  遊んだりすると、たいていのことは立ち直れます。
  それでも立ち直れない時は、趣味の音楽鑑賞(落ち込んだ時は
  THE BLUE HEARTSやeastern youthをよく聴きます。最近は
  ヤバT・ポルカがいいですね!)や漫画を読むなど、自分の時間を
  しっかり作ることで、気分転換を図っています。

Q 看護学生のみなさんへ!
A 学校の教科書では、手術看護の項目は多くても2ページほどで
  終わってしまい、実習でも「手術見学体験を術後ケアに活かす」
  目的であることが多く、どうしても手術看護のイメージがわかない
  ことも多いと思います。私は、手術室看護が診療の補助業務に
  おける最たるものだと考えています。麻酔開始や当該科医師との
  連携、機械出し看護師と外回り看護師の連携プレーなどから、
  『患者様と医師たちと手術を作り上げていく』というチーム医療
  を行っている実感や、達成感ややりがいに繋がります。
  当院の手術室看護師は、情熱をもって手術看護に尽力しています。
  ぜひ一緒に働きましょう!

石塚春稀顔写真 石塚春稀名前

Q 印象に残っているエピソードを教えてください。
A 入院患者様が「爪を切ってほしい」と訴えがあり、爪切りを実施し
  たとき、「あなた、プロみたいね!とてもすてきな爪になったわ」
  と声をかけてくださったこと。

Q 看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。
A 根拠を持って、アセスメントできること。患者さんの疾患について
  だけではなく、退院に向けて、どのような生活ができれば、
  患者さんのADLが維持されるか考えられるようになりたいです。

Q へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?
A 自分がテンションの上がる曲を聴いて、落ち込んだ下向きな気持ち
  を前向きにすること。
  YouTubeを利用して、お笑いの動画を見ること。笑って、
  「明日は良いことがある!」と思うようにしています。

西山温子顔写真 西山温子名前

Q 看護学生のみなさんへ!
A 看護師として働き始めた頃、命を預かる事の責任の大きさが怖く、
  いつも車を運転しているような緊張した気持ちでいました。
  しかし今は、「誰かの命」「誰かの生活」「誰かの思い」のために
  一生懸命になれる看護師の仕事は、本当に素敵だなと感じて
  います。
  私はまだまだ未熟ですが、少しでも患者さんの命や心を救う手助け
  になれていれば嬉しいなと思っています。そして、これを読んで
  くださった皆さんと一緒に働けたらもっともっと嬉しいです!!

Q へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?
A 仕事をする中で、落ち込んでしまう事は何度もありましたが、
  そんな時は同期と話す事で、また頑張ろう!という気持ちになり
  ます。私は就職と同時に1人暮らしを始め、何でも相談できた
  姉妹と話せる機会が減ってしまいましたが、今では同期の2人が
  第2の姉妹のような存在です。
  仕事での嬉しかった事も、辛かった事も、同期と共有すれば自然
  と元気が出てきます。
  最後はいつも「よし、頑張ろう!いつもありがとうね。」と
  言い合って、みんなでプラスな気持ちになれている気がします。

Q 就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?
A 看護師の仕事は命を預かる仕事なので、やりがいはとても大きい
  ですが、緊張するし大変な仕事だなと思っていました。中高の
  部活動や、看護学生時代の経験から、大変な時に乗り越えられた
  のは仲間の存在が大きかったと強く感じています。
  そのため、職場の雰囲気や働きやすさを決め手に就職先を選びま
  した。実際に働いてみて、大変な時や辛い時はいつも先輩方や
  同期に助けられています。みんなで助け合い支え合える環境
  には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。