タイトル_先輩からのメッセージ
キービジュアル_先輩からのメッセージ
メッセージコピー
ボックス背景上
  • がん専門看護師
    林 ゑり子
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師
    芦澤 紀実枝
  • がん化学療法看護認定看護師
    三橋 由貴
  • 4階病棟 看護師
    星野 雅代
  • 5階病棟 看護師
    藤井 美紀穂
  • 回復期リハ病棟 看護師
    菊池 みさり
ボックス背景下
林ゑり子顔写真 林ゑり子名前
林ゑり子メッセージ

がんは、「診断期」「治療期」「再発期」「終末期」など、個々に
よって様々な時期があります。また、がん医療は、高度化し、看護に
関しても専門的知識や技術が要求されるようになってきています。が
ん医療に関わる患者さんや家族の方々が、安心して治療やケアが受け
られるように、がん看護専門看護師の役割として、看護実践、医療者
からの相談、チーム医療の中で他職種と協働を目指した調整活動、倫
理調整、教育、研究活動の6つの役割を果たす必要があります。

当院において私は、病棟・外来などという部署に配置されるのではな
く、病院内を横断的に活動できるようなポジションで活動していま
す。特に、化学療法・緩和ケアを受ける患者様を対象とした身体的・
精神的・社会的苦痛からのコンサルテーションや、がん医療に関する
院内・院外の教育活動を行うことでより質の高い看護の提供を目指し
ています。

芦澤紀実枝顔写真 芦澤紀実枝名前
芦澤紀実枝メッセージ

私はより専門的な知識・技術をもって適切な看護ケアを提供したいと
思い、皮膚排泄ケア認定看護師を目指しました。

当院には長期研修制度があるため退職せずに進学することができまし
た。専門職としてスキルやレベルアップをする為に必要な教育が受け
られ、また、その個人の能力を活かしてくれる職場環境は大変重要だ
と思います。

これからも学んできたことを生かし少しでも患者さんに喜んでいただ
けるようなケアを提供したいと考えております。

三橋由貴顔写真 三橋由貴名前
三橋由貴メッセージ

がん化学療法は、がんという現実と向き合いながらの長く辛い治療の
ため、治療内容についてのオリエンテーションや副作用に対するセル
フケアへ治療意欲が低下しないような心理面への支援などを行ってい
ます。患者様から、「安心して化学療法を受けることが出来た」、
「不安が軽減した」など と言って頂いた時に大きなやりがいを感じ
ます。これからも患者様を中心にしたチーム医療の担い手として自分
自身とスタッフ全体のスキルアップを図り患者さんに還元して行きた
いと考えています。

星野雅代顔写真 星野雅代名前

私は、昨年実習指導者養成教育課程を受講し、今年度より臨床指導者
として臨床現場で活動しています。私は研修を通して、学生のレディ
ネスの把握、信頼関係の構築、臨床現場の環境調整が必要であると
学びました。研修での実習で、学生と同じ立場、目線に立ったこと
により学生が実習という場で感じている不安や緊張感を身近で感じ、
学生が緊張しないような雰囲気づくりが必要であると感じたため、
病棟のスタッフに協力依頼できるようにしていきたいです。

藤井美紀穂顔写真 藤井美紀穂名前

私は、当院システムが自分に合っていると感じたことや臨地実習に
来た際、実習指導者の方だけでなく、病棟スタッフが全員で学生の
指導にあたってくれていることを感じ、この病院で看護師として
働き、成長していきたいと思い、就職を決めました。就職すると
まず部署研修があり、自分の行っていきたい看護や学びたい分野を
明確にすることができました。それを伝えることで自分の希望する
部署に配属していただくことができました。勤務を開始すると仕事
の内容、技術、疾患のことなど思った以上に学ぶことが多く大変で
したが、エルダーナースや実地指導者をはじめ、部署の仲間全員が
支えてくれて、日々学ぶことができています。また、患者様の笑顔
にも日々支えられています。

菊池みさり顔写真 菊池みさり名前

子育て真っ最中です。平日は公立の保育園に預け、夜勤、土日は
院内保育の星の子保育室を利用しています。急な子供の病気で
休むこともあり、病棟スタッフに迷惑をかけてしまう事もあります。
しかし、それでも常勤で働けているのは、周りの理解と協力、
夜勤や休日に子供を預かってくれる院内保育室が併設されて
いることで安心して働ける環境があるからです。
これからも、皆に感謝しながら頑張っていきたいと思います。