患者の権利

患者は、誰でも人間としての尊厳を有しながら医療を受ける権利を持っています。当院ではこの権利を守り、患者の医療に対する主体的な参加を支援していきます。また、医療は、患者と病院とが互いの信頼関係に基づき協働して作り上げていくものであり、患者にもパートナーとしてお守りいただきたいことがあります。

患者の権利について

  1. 患者は、適切な医学水準に基づいた安全で効果的な医療サービスを、社会的な地位、疾病の種類、国籍、宗教などにより差別されることなく受ける権利があります。
  2. 患者は、病気・医療の内容・見通し・危険性等について、分かりやすい言葉で納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。
  3. 患者は、納得できるまで説明を受けたのち、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  4. 患者は、個人の情報やプライバシーについて保護される権利があります。
  5. 患者は、診療記録(カルテ)等について開示を求める権利があります。
  6. 患者は、医療のどの段階においても他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。

患者にお守りいただきたいこと

  1. 患者の状態や治療等について的確な判断を行うために、家族歴、既往歴、アレルギーの有無など、自身の健康に関する情報をできるだけ正確に伝えてください。
  2. 病院では、数多くの患者に様々な医療サービスを提供しており、通常の社会生活にはない制約を受けざる を得ないこともあります。このことを十分ご理解いただき、他の患者の治療や職員による医療提供に支障を与えないようご協力ください。