総院長挨拶

藤沢湘南台病院は、昭和7年、鈴木病院として鈴木文蔵により設立されて以来、80数年を数えました。

無医村対策として創設され、昭和13年には伝染病の猛威を防ぐための隔離病棟を増設、戦中戦後の社会問題となった結核に対しては結核隔離病棟を併設するなど、 常に地域社会の要望を重視し、時代の要求に応えてきました。昭和26年7月、財団法人同友会神奈川高座病院(43床)として新発足してからは、近隣市町村の中心的病院として、 医療の充実に努めてきました。昭和46年より病院施設近代化を推進し、昭和49年11月現2号館(176床)が完成しました。平成6年4月には、病院名を藤沢湘南台病院に改称、 老人保健施設「藤沢ケアセンター」の開設、「在宅介護支援センター」の設置を経て平成8年に、「藤沢訪問看護ステーション」を開設、平成11年10月、「居宅介護支援センター」を開設。 平成12年7月、新棟(1号館240床)が開院、2号館の療養病棟と合わせて280床となりました。また、健康増進施設「ライフメディカルフィットネス」も開設。 平成16年10月には、2号館に回復期リハビリテーション病棟(33床) を開設。平成24年4月には、救急外来を拡充、緩和ケア病棟(19床)を開設し、 現在、急性期一般病棟240床、回復期リハビリテーション病棟33床、療養病棟30床、緩和ケア病棟19床の合計322床を有しております。 当法人は藤沢市の北部に位置し、藤沢市はもちろんのこと、横浜市、大和市、綾瀬市、そして茅ヶ崎市の一部も包括する地域の医療・保健・福祉を担っております。

理事長・総院長

鈴木 紳一郎Shinichiro Suzuki

昭和57年 3月 横浜市立大学 医学部 卒業
平成07年 4月 藤沢湘南台病院 病院長
平成10年 9月 藤沢湘南台病院 理事長・院長
平成27年 4月 藤沢湘南台病院 理事長・総院長

所属学会他

  • 日本大腸肛門病学会専門医・指導医・評議員
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本プライマリケア連合学会認定医・指導医