一般財団法人同友会 藤沢湘南台病院

[JUNIOR 初期臨床研修]
見学・実習のお申込みはこちら

総合診療科

病気ではなく、病人を診る事を第一と考え、日々診療を行っております。当科には、様々な訴えや症状で来院される方が多く、適切に診断をつけるため、一人一人に出来るだけ時間をかけて診療にあたるようにしています。当科で治療可能なものであれば、最後まで責任を持って治療に当たりますが、専門性が高いと判断すれば、各専門科とともに治療を行っております。特に消化器内科とは密に連携し、特殊なものとしては、肝膿瘍に対する動注療法や早期胃癌に対するESD治療、巨大な総胆管結石に対するEPLBDを行っており、何れも良好な成績が得られています。
当科では、不明熱を中心に感染症・自己免疫疾患・悪性腫瘍・内分泌疾患・血液疾患など多岐にわたり診断および治療を行っていますが、まずは患者さんの生活背景を把握する事から始めます。そして、問診・診察・検査結果から、指導医とともに病態生理に基づいて診断・治療に当たります。将来、自分がどの科に進むにしても必要となる力を養うために、医学知識の総整理と研修期間内に下記の検査・手技を出来れば一度は経験してもらうようにしています。

研修医期間

当科では、不明熱を中心に感染症・自己免疫疾患・悪性腫瘍・内分泌疾患・血液疾患など多岐にわたり診断および治療を行っていますが、まずは患者さんの生活背景を把握する事から始めます。そして、問診・診察・検査結果から、指導医とともに病態生理に基づいて診断・治療に当たります。将来、自分がどの科に進むにしても必要となる力を養うために、医学知識の総整理と研修期間内に下記の検査・手技を出来れば一度は経験してもらうようにしています。

検査・手技

上部内視鏡検査、下部内視鏡検査、ERCP、PTGBD/PTCD、腹部血管造影検査、腹部超音波検査、骨髄穿刺、髄液検査、関節穿刺、胸水・腹水穿刺、CV挿入

(現在)当科での治療疾患

肺炎、結核性胸膜炎、COPD、膿胸、急性前立腺炎、尿路感染症、胆管炎、肝膿瘍、肝炎、急性膵炎、化膿性脊椎炎、全身性エリテマトーデス、IgG4関連疾患、ANCA関連血管炎、自己免疫性肝炎、菊池病、高安病、側頭動脈炎、リウマチ性多発筋痛症、Crowned Dense Syndrome、原発性アミロイドーシス、視神経脊髄炎、脳梗塞、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌、胆管癌、下垂体前葉機能低下症、副腎腫瘍、甲状腺機能異常症、ミネラルコルチコイド反応性低Na血症、特発性好酸球増多症、骨髄異形成症候群、赤芽球癆、多発性骨髄腫など